日本商習慣
外資系企業
SAP
コンサルティング
 
 
 
 
 
 
 
 

外資系企業の特徴

  • 比較的限られた規模での運営(従業員1000名未満)
  • 販売管理などのロジスティクスを含めた戦略
  • 日本国内に生産拠点を持つ会社はわずかだが、倉庫や組立工場を持つ会社
  • 日本の会計基準を満たした会計部門の必要性
  • 企業のニーズに応えた月次、四半期、そして年次決算の作成
  • 日本国内市場での経験不足(多くの誘致は80年代、バブル期を境に始まっている)
  • 海外本社と日本支店でのコミュニケーションの摩擦(言語、文化、組織体制、時差など)
  • 国際基準と日本独自の基準を埋め合わせるためのITの整合性
  • 国内のIT部門のスリム化