プロジェクト立上げの背景

数年前、初FIQ(ファイナンス・インフォメーション・クオリティー)プロジェクトが開始され、準備フェーズの間、日本で2008年1月から当FIQプロジェクトが開始された。本プロジェクトは以下の主要な目的を掲げている。  

  • グローバルコンフィグレーションを基にオペレーティングシステムの統一化
  •  
  • シンガポール(SBSセンター)への会計管理の移動
日本およびシンガポールにて事務所設立時、迅速かつ効率的に導入できるよう、現地のコンサルティングサービスをIMSが検討した。 米国、ドイツ、スイス、シンガポール、、インドや日本から社内外のコンサルタントが関わるグローバルロールアウトであるため、サポートするようそこで強い認識と歴史を持つ按針がIMSから直接連絡された。